研究会 目標

 日立市教育研究会は、日立市教育大綱及び日立市教育振興基本計画の基本理念「未来を拓く人づくり」の具現化を図るため、「広い視野で世界にはばたく考える子」「たくましく未来を切り拓く元気な子」「地域を愛し心豊かに生きるやさしい子」すなわち「ひたちっ子」を育てるという重要な役割を担っている。
 研究の推進に当たっては、日々の実践の検証とその成果や課題に基づき工夫改善を進める必要がある。そのために、新学習指導要領の趣旨を踏まえ、教科等横断的な視点に立ち、会員一人一人の創意ある教育活動を推進するとともに、教職員としての資質・能力の向上を図る。また、市内全教職員の力を結集して、課題解決に取り組む。
 そこで、次のように目標を定め、研究を推進する。

1.研究目標

子ども一人一人の確かな学びと豊かな育ちを実現する教育の研究と実践

   -市内全教職員の力を結集したチームひたちで-

 

2.研究期間

 3か年(令和元年・2・3年度)


3.研究の重点

本市の実態を踏まえた学力向上策と、新学習指導要領実施に向けた教育課程
(カリキュラム・マネジメント)を重点的に研究する。

 

4.研究の内容

(1) 確かな学力の定着と活用する力を育む教育の研究と実践

ア 「社会に開かれた教育課程」を実現するためのカリキュラムの工夫
イ 「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた授業改善
ウ 9年間を見通した外国語教育の充実と、互いの考えや気持ちなどを英語で伝え合う
  対話的な言語活動を重視した授業改善
エ ひたちらしさ、ひたちのよさを取り入れた総合的な学習の時間の構築
オ 保幼・小・中学校教育の円滑な接続のための学びをつなぐ教育活動の充実


(2)子ども一人一人に寄り添い支える教育の研究と実践

ア 共に学び、共に育つ集団活動や人間関係づくり、心の居場所づくりを大切にした指導体制の
  充実
イ いじめや不登校の未然防止、迅速・適切な対応、学校生活への復帰や社会的自立に向けた
  組織的な取組の推進
ウ 教育相談員・SCやSSW、教育研究所等の専門機関と連携した教育相談体制の強化
エ インクルーシブ教育システムの構築と一人一人の子どもたちの自立と社会参加に向けた
  支援体制の充実


(3)豊かな心と健やかな体を育む教育の研究と実践

ア 「特別の教科 道徳」における、自分との関わりで多面的・多角的に考える「考え、議論
  する道徳」を実現するための指導方法・評価の工夫改善
イ 人権に関する知識と人権感覚を身に付け、人権意識を育み、自他のよさを認め合える人間
  関係を形成する指導方法等の改善・充実
ウ 生涯にわたって心身の健康を保持増進し、豊かなスポーツライフを実現するための資質・
  能力の育成
エ 食に関する正しい知識と望ましい食習慣を身に付け、健やかな心身の育成を図るための
  食育の推進


(4)次代を担う力を磨き高める教育の研究と実践

ア 実社会・実生活との関わりを意識した主体的、探究的な活動を行う理数教育の充実
イ ICTや学校図書館を活用した情報活用能力(情報モラルを含む。)の育成と、
  プログラミング教育の充実
ウ SDG s(持続可能な開発目標)を実現する鍵となるESD(持続的な開発のための教育)の
  推進
エ 一人一人の社会的・職業的自立に必要な資質・能力の育成を目指すキャリア教育の推進    


(5)学習環境の充実と地域とともにある魅力ある学校づくりの研究と実践

ア 地域とともにある学校として、家庭・地域社会の人的・物的資源を生かした教育活動の展開
イ 発達段階に応じた、自然災害等の危険(火災、地震、津波、交通事故、不審者等)を予測し
  自ら回避できる能力と態度の育成
ウ 教育の質の向上を目指す効果的な校務支援システム(C4th)の活用と研究
エ 学校評価、学校運営協議会制度を活用した学校運営の推進


5.研究上の留意点

(1) 各専門部は、研究目標や研究の重点を受け、教科・領域の課題を明確にし、研究と実践に
    努めるとともに、その蓄積と活用を図る。
(2) 各会員においては、主体的・協働的に研究活動を推進し、研究目標の具現化に努め、
       積極的に研究会等において実践発表を行う。
(3) 研究の推進においては、 講演会の開催や教育論文の募集、各種派遣事業、会報の発行など
   を通し、常に研究目標との関連を図りながら、研究の一貫性を保つように努める。
(4) 教育研究会のWebページの充実を図り、各専門部の活動や研究成果の共有化を図る。
(5) 各専門部の主体性を大切にしながら、教育委員会、学校長会・教頭会、市PTA連絡協議会
   等の関係機関との連携を密にして、研究と実践の推進に努める。